このような事でお困りではありませんか

01会社・事業の
譲渡を考えている

  1. 生活資金を確保して引退したい
  2. 廃業か譲渡かで迷っている…
  3. 新しい経営者のもとで事業を拡大したい

02会社・事業の
譲受を考えている

  1. 事業の拡大をスピーディに行いたい
  2. 優秀な人材、優れた技術を取り入れたい
  3. 短期間で新規事業を開始させたい

03事業承継を
考えている

  1. 企業を誰かに任せたいが、何をどうしたらいいかわからない…
  2. 遺産のうち事業用財産をどうしたものか…
  3. オーナー経営者だが後継者がいない…

昨今の中小企業の取り巻く経営状況

後継者の決定状況について

(出典)2016年2月 日本政策金融公庫総合研究所
「中小企業の事業承継に関するインターネット調査」(再編・加工)

経営者の在任期間別の現経営者と先経営者との関係

(出典)中小企業庁委託「中小企業の資金調達に関する調査」
(2015年12月、みずほ総合研究所(株))(再編・加工)

このような現状を踏まえて、事業承継の選択肢のひとつにM&Aも積極的に検討する時代です!

M&A支援サービス

会社を売りたい譲渡希望の経営者様へ

「会社を売る」ということには未だネガティブなイメージが残っていますが、実は様々なメリットが存在します。たとえば、優良企業の傘下に入ることで設備・事業の強化が期待できます。事業継承による事業の継続、雇用の確保も可能になります。廃業からの切り替えにより、山積みだった課題が一気に解決するケースも見られます。

会社を買いたい譲受希望の経営者様へ

既存事業の拡大、新規事業への進出の成功をより確かなものにしてくれるのがM&Aによる買収。会社が大きくなる、従業員が増える、といった単なる買収ではなく、より効率的に自社の価値を高め、長期的な収益が期待できるM&Aをご提案します。形ある資産だけでなく、形なき資産の価値をしっかりと見極め、事業の拡大と企業の成長をサポートします。

M&Aの進め方

既存事業の拡大、新規事業への進出の成功をより確かなものにしてくれるのがM&Aによる買収。会社が大きくなる、従業員が増える、といった単なる買収ではなく、より効率的に自社の価値を高め、長期的な収益が期待できるM&Aをご提案します。形ある資産だけでなく、形なき資産の価値をしっかりと見極め、事業の拡大と企業の成長をサポートします。

M&Aに関するよくある質問

「M&Aって何だろう」という基本的な疑問の解消から、「こんなときどうすればいい?」という具体的な対策まで、専門家がお答えします。M&Aによって得られる様々なメリット、考えられるリスクについての解説もございます。
ご不明点が残るようでしたら、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

中小企業の経営者の今後と労働者人口の推移

中小企業の経営者年齢の分布(年齢別)

(出典)中小企業庁委託「中小企業の成長と投資行動に関するアンケート調査」(2015年12月、株式会社帝国データバンク)、(株)帝国データバンク「COSMOS1企業単独財務ファイル」、「COSMOS2企業概要ファイル」再編加工

経営者の在任期間別の現経営者と先経営者との関係

このような現状を踏まて、御社のビジネスモデルは承継可能かどうか現状を分析し、事業承継対策について積極的に取組む必要があります。
このような現状を踏まえて、事業承継の選択肢のひとつにM&Aも積極的に検討する時代です!

事業承継支援サービス

親族内承継

当事務所が提供している親族内継承サポートをご紹介します。
人的承継と物的承継に分けられる親族内承継において、当事務所の事業承継支援サービスでは、そこからさらに細分化したきめ細やかな支援をいたします。

親族外承継

親族外承継の場合、他企業への売却によって承継するM&A、役員等へと承継するMBO、従業員へと承継するEBOなどが考えられます。当事務所では、中期経営計画策定から自社株・株価対策、後継者教育までをサポートします。

事業承継の流れ

事業承継といっても何から手を付けて行けばよいのか、どういった選択肢があるのかわからない、といった方が多いと思います。
ここではまず事業承継のおおまかな流れをご説明します。

事業承継のよくある質問

事業承継の準備を開始するタイミング、予想される必要期間など、事業承継を検討中の経営者様からよくきかれる質問を集めました。様々なケースにおいて、どのように行動すべきか、どういった選択肢があるかといった具体例もご説明します。

おすすめコンテンツ

M&Aの成功のポイント

M&Aの成功のポイント

M&Aは、一体何をもって成功と言えるのでしょうか。短期間に高収益をあげること、長期的に安定した収益をあげること、事業を拡大すること、とにかく事業を継続すること、雇用を守ること。経営者様にとっての成功を手にするため、大切にするべきポイントを集めました。一つ一つのM&Aを、当事務所が全力でサポートいたします。

事業承継の成功のポイント

事業承継の成功のポイント

大企業・中小企業関係なく、近年はどの企業も程度の差こそあれ、事業承継問題を抱えています。後継者がいない、後継者候補はいるが育成がうまくいかない、事業承継プランの立て方が分からない――。事業承継の成否は、その後の企業の命運を大きく左右します。経営者と企業が大切にすべきポイントをまとめてお伝えします。

業界の動向

業界の動向

異なる課題を抱えるそれぞれの業界について、近年の動向をお伝えします。買い手企業・売り手企業の状況によって、M&Aには適切な活用方法があります。
一方で、ほとんどの業界で共通して直面している人手不足、後継者問題の解決方法の一つとしても、M&Aは選択肢に加えておくべき手段です。

当事務所の3つの特徴

中小企業のM&A・事業承継実績多数
1

中小企業のM&A・事業承継実績多数

M&A・事業承継のプロフェッショナルが、あなたのご要望に応じたサポートに全力を尽くします。豊富な知識と経験を活かし、時代・業界に則したM&A・事業承継のプランをご提案します。自信があるからこその、成功報酬型。

経営者目線でのご提案
2

経営者目線でのご提案

長く中小企業の経営をサポートしてきた当事務所だからこそできる「経営者目線でのご提案」。経営者様のご要望はもちろん、絶対に譲れないもの、自社や従業員へのお気持ちなどの理解に努め、心に寄り添うサポートをいたします。

経営者目線でのご提案
マッチング力
3

マッチング力

当事務所のマッチング力を支えるのは、これまでに築きあげてきたネットワークと、丁寧なヒアリング。選択肢があるから、可能性が生まれる。質が高いから、ズレが生じない。双方にとっての成功を達成するためのM&A・事業承継をご提案します。

ご挨拶

M&Aや事業承継は今や、企業の規模に関わらず、全ての経営者が選択肢の1つに加えておくべきものです。顧客の獲得競争は激化し、後継者不在に頭を悩ませる企業も少なくありません。
自社が急激な成長を遂げているとき、課題は後回しにされがちです。現場が人手不足で悲鳴をあげているのに、本部がその対応よりも営業にばかり力を入れている例などが典型です。
業績が悪化したときにはどの企業でも経営の見直しを検討しますが、それは「見直さざるを得ないから」検討するのです。そんな企業に、優良企業を買収する資本が残っているでしょうか?高く評価され優位な条件で売却することが可能でしょうか?後継者を育成する時間があるでしょうか?
行き詰ったときにM&Aや事業承継によって事業を拡大、維持することもできますが、やはりそれだけのリスクを負うことにもなります。
業績が好調な時期こそ、自社の再編・今後の見通しについて検討すべきです。豊富な知識・経験を持つ当事務所が、M&A・事業承継のトータルサポートをいたします。

代表 近江 清秀

078-959-8522 メールでのお問い合わせ
一番上に戻る